良い睡眠を取りたいときほど、夕方5時以降はカフェインを我慢する!

心身共に疲れていてダルい。
このような時ほど、質の良い睡眠を効率よくとってスッキリしたいものです。
けれども、疲れを感じているときほど我慢しきれずについ飲んでしまうのが、カフェイン飲料です。

コーヒーや紅茶、緑茶などの嗜好品飲料には、かなりのカフェインが含まれていることは周知のことです。
筋肉疲労にはコーヒーが有効なことも知られており、紅茶や緑茶にも頭をスッキリさせるだけではなく精神的な安定感を感じさせる効果も感じられます。
どれも即効性があるため、手っ取り早く疲労を回復するのに利用しがちですが、摂取するタイミングによっては、安眠を妨げるものとなってしまいます。

睡眠の質を上げるための手っ取り早い方法は、これらカフェイン飲料の摂取を夕方5時以降は一切口にしないことです。
良く眠るコツの一つに、身体の適度な筋肉疲労があげられますが、本来ならぐっすり眠れる状態の体であっても、カフェインの作用で肝心の脳が起きており、寝つきが悪く、眠りが浅くなってしまい、睡眠の質の低下を招いてしまいます。

睡眠の質をあげるために必要なことは、夕方5時以降はカフェイン摂取を我慢し、身体も脳も安静な状態にすることが大切です。

webmasterをフォローする
ブレインスリープピロー口コミ・感想・値段はどうなの?購入者の本音を暴露
タイトルとURLをコピーしました