ブレインスリープピローとYOKONE3比較

ブレインスリープピローとYOKONE3は今最も人気のあるですが、一体どこがちがうのでしょうか?
ブレインスリープピローとYOKONE3比較しました

ブレインスリープピローの最大の特徴とは?

ブレインスリープピローの最大の特徴は、その眠りの深さというところにあります。枕だけで変わらないだろうと疑う方もいるかもしれませんが、脳が深く眠れるようにという事で構造も含めて作られていますし、研究に研究を重ねて登場した枕がブレインスリープピローです。一度使って7日間使えばその良さはきっと実感できますし、違いが分かります。多くの方がその眠りの深さを実感していますし、まずはご自身で使ってみてください。

YOKONE3とは?

YOKONE3には「楽に横向きで寝ることができる」「いびきを抑えられる」「スタイリッシュなデザイン」「通気性がある」「洗濯できる」といった、5つの特徴があります。枕全体で、頭や首から肩と腕を支えてストレートネックの予防をすることもできます。体の筋肉をゆるめて快眠できるようにサポートします。
万一枕が合わなかったときは返金保証サービスを利用可能です。商品到着後1ヶ月使用してから、一週間以内に返品することができます。

ブレインスリープピロー3つの特徴とその理由

ブレインスリープピローは、人間がしっかりと眠れるための黄金の90分と言われるノンレム睡眠を深くする事ができる枕です。これには3つの特徴がありますが、まず挙げられるのが頭を冷やす事です。エアループで圧倒的な通気性となっていますので、頭部を冷やして深部体温の低下を促します。またほどよいふんわり感があり、なおかつ反発もありますので
寝返りを打つごとに空気が押し出されて循環します。
そしてブレインスリープピローは自分にあった枕として最適で、首や頭の形にフィットして寝起きの痛みや不快感を軽減してくれるのが特徴です。3レイヤー構造でまるでオーダーメイドのようなフィット感となる独自の3Dループで、7日間で最高の寝心地を実現してくれるでしょう。また5グラデーション構造なので寝返りもしやすく、横向きに寝てもしっかりとフィットするのが特徴です。耐久性に関しても一般的なウレタン素材やフェザー素材と比較して強いというデータも出ています。
そして常に清潔を保てるのもブレインスリープピローの特徴で、シャワーで水洗いするだけで簡単なお手入れができます。枕に頭皮の汚れや皮脂が蓄積されると、ダニやカビが発生しやすくなってしまいます。常に清潔な環境を保つことで、睡眠を阻害する外部要因を軽減できるのも大事なポイントです。また100%エコ素材を使用していますので、古い枕を新しくリサイクルできるのもこのブレインスリープピローの特徴となっています。

YOKONE3の特徴

安眠をサポートするというキャッチコピーで販売されている「YOKONE3」は、アメリカ合衆国の保健衛生局が寝具で初めて医療用具の認可を与えたアイテムです。2007年の岡山県にあるメーカーが開発製造をおこない、今では高齢福祉施設や医療機関の多くが入院病棟で取り入れるほどの枕になりました。アメリカでも高い人気を集めており、「安眠を実現」「自然な呼吸」「寝返りが打ちやすい」という3つの特徴を掲げるものです。この枕には400個のコイルが含まれており、頭が沈み込むのを防止する機能があります。これにより、肩や頸椎に余計な力が加わらないので安眠を可能にするというわけです。表面積が約50メートルもあるので、寝返りを打ったとしても頭がズレ落ちる心配もありません。公式オンラインショップのほか、量販店でも販売されているので、比較的購入しやすいものです。1個8400円と若干お高いですが、公式ショップなら20パーセント引きで手に入ります。

webmasterをフォローする
ブレインスリープピロー枕口コミ・感想・評判はとうなの?最高の睡眠の効果・値段・購入方法をまとめました
タイトルとURLをコピーしました