睡眠の質は寝る前の時間の使い方によってきまる。

睡眠の質を上げる方法は、寝る前の時間の使い方によって決まります。
有名なところからいくと、寝る前に携帯電話やパソコン、テレビなどの明るい液晶を見ないことや、激しい運動をしないことです。
しかし、若干の不眠症気味で毎日布団に入ってから2~3時間寝れない私からすれば、そんなことはとうに行っていました。
では、今回は不眠症だった私が最近ではものの数分でぐっすり寝れるようになったのかをお話していければと思います。
私が行っている方法は主に3つあります。
まず、1つ目は「お風呂の時間」です。
以前は寝る直前にお風呂に入ることも多かったのですが、特にこれからの季節は上がったばかりでは、体が熱く眠ることができません。
寝るときには体温が下がることで眠くなるので高すぎる状況では質のいい睡眠は難しいです。
そこで、寝る1時間前までに遅くともお風呂を済ませておくことで、スムーズに眠りにつくことができました。
次に2つ目ですが「読書タイム」です。
寝る前に液晶を見ることはよくないことだと多くの人がご存じであると思います。
しかし、自分自身も20代なのわかるのですが、スマホも見ずにただ寝るまでの時間を過ごすことは結構しんどいです。
そこで私は、文字を見ることで眠く寝るのではないかと思い、毎日寝る前の30分間読書をするようになりました。
すると30分も持たずに寝てしますことが多くなりました。
最後の3つ目ですが、「お香」です。
2つ目の読書中お香を焚いています。
リラックス効果があるみたいで、静かにのんびりと読書をすることができ、スムーズに寝ることができるようになりました。
以上3つのように寝る前にリラックスに集中し、スマホなどを見なくてもできることに取り組んでみると、ものすごく睡眠の質が向上しますので、ぜひ一度挑戦してみてください!

webmasterをフォローする
ブレインスリープピロー枕口コミ・感想・評判はとうなの?最高の睡眠の効果・値段・購入方法をまとめました
タイトルとURLをコピーしました